パリオリンピック2024年でブレイキンダンスが競技に

パリオリンピックでブレイキン

2024年に開催される「パリオリンピック」で、競技大会の種目としてダンススポーツ競技の
「ブレイキン」が正式に決定し、ダンス業界でも盛り上がりを見せています。
日本でもダンスの大会で結果を出している人もたくさんいますし
ダンスの需要も年々高まっています。
そもそもどうしてパリオリンピックからブレイキンダンスが追加になったのか
気になっている人もいるのではないでしょうか。
ダンスとオリンピックの関係について、詳しく紹介していきたいと思います。

そもそもブレイキンとは?

ブレイキンとは

ブレイキン=ブレイキンダンスのことを言います。
もともとブレイキンの存在を知ったメディアが作ったネームになるため
地域などでも呼び方に違いがあるのです。
ブレイキンとは、ブレイキンダンスを学んでいるすべての人が対象になります。
ブレイキンダンスは、世界中で最も人口が多いと言われているダンスです。

1970年にNYのブロングスと呼ばれる地区の路上にて生まれました。
当時はギャング同士の抗争が激しいこともあり、たくさんの事件が起きていたそうです。
そこで平和的な解決方法としてダンスを用いたと考えられています。
ブレイキンダンスを踊っているBボーイやBガールなどすべてをまとめて“ブレイカー”と呼びました。
とても貧しく生活していくのがやっとの地域だったため
ブレイキンはストレス発散にもつながっていたと考えられています。

ブレイキンダンスの特徴は?

ブレイキンダンスの特徴

4つの「エントリー」「パワームーブ」「フットワーク」「フリーズ」などの
要素によって作られています。
ブレイキンダンスは呼び方にもさまざまなものがありますが
HIPHOPカルチャーに携わっている人もブレイキンと呼んで相違ないと思います。

ブレイキンはダンスのときにDJやMCなどがいるのも特徴です。
音楽を流し盛り上げるDJや司会進行のMCなど他のダンスでは見られないものが多く存在します。
これらの要素を用いて競い勝負を決めるのが、ブレイキンダンスでもあるのです。

即興で行うものも多く、ダンサーや周囲のDJ・MCなどの力量が多く関係します。
ちなみにパリオリンピックでは、1:1でダンスを競う形になります。
ダンサー同士が対面になり、DJの音楽に合わせて勝負していきます。

オリンピックではどんな採点をするの?

オリンピックではどんな採点

選の団体で1ラウンド1人2回踊るようになりますが、実際のパリオリンピックでは
どんな勝負の方法になるのかは決まっていません。
一人で何度も踊ることが想定されるため、かなりハードなものになります。
採点においては世界基準などの決まりがないため、ダンスの技術や表現力などの評価基準を設けて
それに対して加点や減点などをしていく方法になります。
ブレイキンダンスについては、まだ、競技としての歴史が浅いのもあり
どんな採点方法になるのか、情報を確認しておきましょう。

また、ブレイキンダンスには暗黙のルールとして、チームが交互で踊ること
相手に触れてはいけないなどの決まりもあります。
どんな選曲をするのかによってもダンスの勝敗を決める重要な役割を担っています。
採点は1人ではなく複数人で行うことで、偏りや不平等さを防ぐ取り組みなども行われています。

ちなみに競技として減点になるのは、公序良俗に反することはもちろん
ダンスの途中で「クラッシュ」してバランスが崩れる、失う、滑るなどの状態。
「リピート」による特徴的な技を何度も行うこと。
「バイト」で他の人の仕草などを真似ることとあります。

どうしてオリンピックにダンスが追加になったの?

ダンス

これだけ長い歴史や人気のあるブレイキンダンスですが
どうしてこのタイミングで競技に追加になったのかも気になるところだと思います。
これは、近年オリンピックに対しての意識が薄くなっていること
若者の興味を惹くためだと考えられています。

日本のみならず世界的にも人気のあるブレイキンダンスは
音楽さえあれば場所を問わずにできます。
人種差別などもなく暴力をよしとしないルールもあり
国境を超えたコミュニケーションの手段でもあるのです。

こうした世界が一体になること、平和を願う気持ちもありブレイキンダンスを
競技として追加したと考えられています。
日本も、ブレイキンダンスでは強豪国として期待されており
2024年のパリオリンピックでの活躍も期待できると思います。

 

まとめ

パリオリンピックでブレイキンダンスが追加になったことで
若い世代にとっても盛り上がる良いきっかけになるのではないでしょうか。
特にダンスが必修化されている今、以前よりも身近に感じている人も多いはずです。
男性・女性問わず感情を表現する手段としても使えますし、ブレイキンダンスはとにかくかっこよく見応えもあります。
日本でもたくさんの選手が誕生し活躍してくれることも期待できます。
ブレイキンダンスならではの魅力もたくさんありますし
この機会に興味を持ってみると面白いのではないでしょうか。

関連記事

  1. 振付の相場

    振付費用の相場。振付師に依頼するといくらかかる?

  2. 良い振付けとは

    良い振付とは?依頼する前に知っておくべきこと

  3. 振付の依頼の仕方

    振付師に伝わる振付の依頼の仕方とは?後悔しない7つのポイント

  1. 振付の依頼の仕方

    振付師に伝わる振付の依頼の仕方とは?後悔しない7つのポイント

  2. 振付の相場

    振付費用の相場。振付師に依頼するといくらかかる?

  3. 良い振付けとは

    良い振付とは?依頼する前に知っておくべきこと

  4. パリオリンピックでブレイキン

    パリオリンピック2024年でブレイキンダンスが競技に

  5. 札幌のレンタルスタジオ

    札幌で人気の時間貸しレンタルダンススタジオ【7選】

  1. 振付の相場

    振付費用の相場。振付師に依頼するといくらかかる?

  2. 良い振付けとは

    良い振付とは?依頼する前に知っておくべきこと

  3. 東京のダンススタジオ

    東京で人気のおすすめダンススクール・ダンス教室【7選】

ブログカテゴリー